感染症拡大予防 飲食製造業ガイドライン

食品製造業における新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドライン

※本ガイドラインは「一般財団法人食品産業センター」にて作成されたものを元に弊社事業所に合わせた対策を組み入れたものになります。

従業員の感染予防・健康管理

① 新型コロナウイルス感染予防に関する基本的知識等の周知徹底
従業員に対し、新型コロナウイルス感染予防に関する基本的な知識を周知し、感染防止策を徹底させるため必要な指導・教育を行う。
✓ 発熱や息苦しさなど新型コロナウイルスへの感染が疑われるときは出勤しない。
✓ 新型コロナウイルスは飛沫感染及び接触感染で拡散されていくことから飛沫感染防止のためには、三つの密を避けること(対人距離を保ち、マスク等を着用し、不要不急の会話は避けること。また定期的に換気を行うこと。)、接触感染防止のためには、手洗いの順守や手袋の着用、共通で使用する器具や設備(ドアノブやトイレ、椅子等)の定期的な消毒を行う。

② 換気の徹底
食品製造現場が換気の悪い密閉空間となることを避けるため、食品の衛生管理に支障を及ぼさない範囲で、以下のような取組を適切に行う。
✓ 換気設備を適切に運転・管理し、室内の換気に努める。
✓ 換気設備が不十分な場合には、窓やドアを定期的に開放する。

③ 従業員への飛沫感染と接触感染の防止
従業員によるマスクの着用や、必要に応じ手袋の着用やこまめな手洗いを励行することにより、飛沫感染と接触感染の防止を行う。

④ 社会的距離の確保
食品製造現場において、対人距離を確保するため、業務の方法や動線について点検するとともに、食品製造施設の規模等に応じて、以下のような取組を適切に行う。また、休憩中等においても従業員自らが対人距離の確保に努めるよう指導を行う。
✓ マスク、ヘアネット、使い捨て手袋、作業着などを着用する。
✓ マスクを着用しない場合には、人と人との間に 2メートル以上の距離を保持し、特に会話・発声時には2メートルを目安に適切な距離を保って業務等を行う。
✓ マスクを着用しない場合の人との接触は15分未満にとどめる。

⑤ 清掃・消毒の取組
食品製造現場では、日頃から一般的な衛生管理が行われているが、特に以下のような点に留意して取組を強化する。
✓ 従業員のための手指の消毒設備(霧吹きや、アルコールペーパー(ペーパータオルをタッパー等の中で、アルコール溶液に浸したもの)などを含む。)を入口及び施設内に必要に応じ設置。
✓ トイレについて、トイレの蓋を閉めて汚物を流すよう表示し、不特定多数が接触する場所は消毒を行うとともに、ハンドドライヤーのほか共通のタオルの使用は行わない。便座やドアノブを介しての感染を防止するために、便座やドアノブは清潔さを維持し、使用後の手洗いと手指の消毒を徹底する。
✓ 鼻水・唾液がついたゴミについて、ビニール袋に入れて密閉し縛るとともに、ゴミを回収する人はマスクや手袋を着用し、マスクや手袋を脱いだ後は、石けんと流水で手を洗う。
✓ 使用済みのマスクや手袋は、別の容器にて管理する。
✓ ドアノブなど不特定多数の者が触れる場所については、清潔に保ち、定期的に消毒を行う。

⑥ 休憩スペース・社員食堂での取組
休憩スペースは感染リスクが比較的高いと考えられることに留意し、以下のような取組を行う。
✓ 一度に休憩する人数を減らし、対面で食事や会話をしないようにする。
✓ 可能な限りマスクを着用し、不要な会話はできるだけ避ける。
✓ 常時換気することに努める。
✓ 共有する物品(テーブル、いす等)は、清潔に保ち、定期的に消毒する。
✓ 従業員が使用する際は、入退室の前後に手洗い・消毒をする。

⑦ 更衣室での取組
多くの従業員が利用することに留意し、以下のような取組を行う。
✓ 一度に入室する人数を減らし、密集・密接を防ぐ。
✓ 可能な限りマスクを着用し、会話はできるだけ避ける。
✓ 窓やドアを定期的に開けるなど、室内の換気に努める。
✓ 入退室時の手指の洗浄・消毒をする。

⑧ 事務所での新型コロナウイルス感染予防対策
事務所での新型コロナウイルス感染予防対策も重要であり、テレワークの推進、換気、マスク着用、不要な会話はできるだけ避ける等、飛沫感染を避けるとともに、モバイル機器や電話、コピー、FAX などの共通で使用する設備・施設は清潔に保ち、定期的な消毒を行うなどなど、接触感染を避ける。

⑨ その他、従業員に対する感染予防・健康管理に関する指導等
職場において、従業員の日々の健康状態の把握に配意する。また、従業員に対し、以下のような指導を行う。
✓ 咳エチケットの徹底
✓ 従業員による体温の測定と記録の実施(製造所において非接触型体温計を用いて37.5度以上の場合は症状を確認の上、自宅待機)
✓ 発熱などの症状がある場合に所属長への連絡と自宅待機の徹底
✓ 以下の場合には従業員から所属長に連絡の上保健所に問い合わせる
  ・発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が4日以上継続した場合(解熱剤を飲み続けなければならない場合を含む)
 ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)や高熱等の強い症状がある場合
 ・高齢者や妊娠中の女性、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状がある場合
✓ 出勤時、トイレ使用後、施設への入場時における手洗い、手指の消毒
✓ 通勤時には、時差通勤や公共交通機関を利用しない方法の積極的活用
✓ 疲労の蓄積につながる恐れがある長時間の時間外労働等を避けること
✓ 従業員1人1人が十分な栄養摂取と睡眠の確保を心がけるなど健康管理を行うこと
✓ 携帯する端末に1人1人の従業員が厚労省提供のCOCOA をインストールすること

しろばこ弁当(合同会社sirobako)
〒904-2243
沖縄県うるま市宮里813番地ホワイトビル202

(附則)
2020年10月16日制定・施行

お問い合わせお問い合わせ